D-HEARTSの考えるいいトレーナーとは

Training Column

 全て
2021-04-02 15:59:19

D-HEARTSの考えるいいトレーナーとは

今回は良いトレーナーを見極める上で、大切なことは何なのかお話ししたいと思います。

トレーニングの知識はもちろん、実績、経験年数どれも大切なことです。

ではその他にお客様が選んで損がないパーソナルトレーナーの条件とは何でしょうか。

1.清潔感のあるトレーナー

人は、会って3秒の第一印象でその人のことを判断すると言われています。

皆さんは「どんな人が教えてくれるのかな?」という不安と期待を持ってジムにいきますよね。

大手のジムよりも値段が少し高いのに、行ったジムのトレーナーがだらしない格好で、髪も爪も汚い感じのトレーナーはおすすめできません。

自分が健康的に、綺麗に、カッコよくなるために通う場所だからです。

自己投資の限られた時間の中、マンツーマンで教えてもらう環境なのに、自分自身の手入れもしない指導者に教わりたいと思いますか?トレーニング施設だけが整っていても、自己管理ができていない、清潔感のないトレーナーさんはなるべくやめましょう。

2.自分に寄り添ってくれるトレーナー

マンツーマンだからこそ、しっかり寄り添ってくれるトレーナーは絶対的に大事になってきます。入会の前に基本的にどこのジムも、必ずカウンセリングをします。内容としては、お客様の現在の悩み、目標、お食事、運動歴、怪我や病気の有無などです。しっかりと聞いてからトレーニングしないと、その方一人一人にあったメニューが提案できないからです。

 トレーナーが思う理想の身体を目標にトレーニングメニューを処方する事になれば、自分がなりたい体と全然違い「こんなはずじゃなかったのに、、、」となってしまうケースも中にはあります。大会に出ることばかり勧めてきたり、ただただ高重量を持たせたり、リバウンドするような無理な食事指導をさせるトレーナーはお勧めできません。

 カウンセリングの時に、何のためにパーソナルトレーニングを受けにきたのか、今後どうなりたいのか、どんな事が得意でどんな事が苦手なのかを、まずはしっかりと伝えてください。それに寄り添ってくれるパーソナルトレーナーを選ぶことが大事です。

3.わかりやすく伝えてくれるトレーナー

お客様に説明する際に専門用語ばかり言ってくるパーソナルトレーナーがいます。また、中には自分の肩書きを自慢話口調で話す人もいます。そんなトレーナーはもちろんオススメできません。

 筋肉の名称やトレーニング種目などを言われても、一般のお客様にはわかりにくいですよね。筋肉の名称やトレーニング種目を一般の方にも説明できてこそ、プロのパーソナルトレーナーと言えるのです。教え方が丁寧で、わかりすい指導だと、身体が変わるスピードも早くなります。

4.保有資格、指導歴がしっかりしているトレーナー

パーソナルトレーナーという職業は、国家資格の医者や理学療法士とは違い、資格が無くてもできる仕事です。極端に言うと、誰でもやることができてしまいます。

 最近は、大会で入賞しただけでパーソナルトレーナーをやる人も中にはいます。自分の身体を鍛えることと、人の身体を鍛えることは全くの別物です。優秀な選手が優秀なコーチになれるわけではないことと同じで、人に教えるということに関しては、やはり勉強をしなくてはいけません。人の身体に責任を持つ仕事なので、常に勉強・情報収集している人を選ぶと良いです。その方の経歴などもカウンセリング時に聞いてみると良いかもしれませんね。

 以上、ここまで話したことをふまえた上でしっかりとした知識と信頼ができ、資格を持っている人の方がハズレはありません。

D-HEARTSのトレーナー陣は、様々なクライアント、例えば選手でも指導できるように自分も大会に出場したり、常に知識をアップデートしています。だからこそ、一人一人にあったトレーニングや食事のサポートができるのです。

以前もお伝えしましたがD-HEARTSのトップであるオーナーを筆頭に、全員が様々な大会に出て経験を積んでいるのはこのD-HEARTSだけと言っても過言ではないです。

D-HEARTSでは、千葉、柏、新宿店および各FC店にてパーソナルトレーニングの無料体験を受け付けております。完全個室の自分のためだけの空間で、どんな身体になりたいか、そのためにはどうすればいいか、などの一人一人にあった提案をさせていただいております。

あなたのライフスタイルに合わせて、食事もトレーニングも運動習慣をご提案いたします。

ぜひあなた様からのお問い合わせをお待ちしております!あなたのためだけの特別な時間を最高の効果と共にお届けできるようスタッフ一同尽力させていただきます。