loader image

ダイエット中のお酒について①| 武蔵小杉店 パーソナルトレーニングジム ダイエット専用ジム |D-HEARTS

Training Column

 ダイエット
2023-01-23 10:00:02

ダイエット中のお酒について①

こんにちは。

武蔵小杉の完全個室パーソナルジム

D-HEARTSトレーナーの一色です。

このコラムでは、

ダイエットやボディメイクを行なっていく上での

『ダイエットって結局、何をすればいいの?』

『情報が溢れすぎててわからない!』

を解決することができます!

ダイエット中のお酒について①| 武蔵小杉店 パーソナルトレーニングジム ダイエット専用ジム |D-HEARTS

アルコール

今回は

「アルコール」

についてお話させていただきます。

お酒好きな方は

是非知っておいてください。

ちなみに私もお酒好きでして

トレーニングしない日は飲んでしまいます笑

さて、最近のお酒は

・糖質オフ

・プリン体ゼロ

などを謳って健康に良さそうなイメージのもの多いですね。

しかし、アルコール自体は

「毒」

です。

またアルコールは

脂肪の合成を促進すると言われ

糖質オフビールとか

ハイボールとか関係なく

「アルコールを飲むと太りやすくなる」

と言われます。

ということで

アルコールを飲んだときの体の反応を確認します!

アルコールは

・エネルギーになる

・脂肪になる

・亡くなる場合がある

3点が大事です!

今日は

・エネルギーになる

・脂肪になる

2点についてお話しします。

エネルギーになる

まずは、エネルギーになる場合を!

アルコールは胃で20%

残りを小腸で吸収され

肝臓にいきます。

ただこれは

食べ物と一緒の場合。

食べものと一緒だと

食べ物にアルコールがくっつくため

小腸からゆっくり吸収され

肝臓で処理されます。

空きっ腹でお酒を飲んでしまうと

胃・小腸関係なく

色んなところから血中に流れ込んでしまい

悪酔いしやすくなるので

気をつけてください!

肝臓までいったアルコールは

「アセトアルデヒド」

という猛毒に変わります。

このアセトアルデヒドが残ってしまうと

二日酔いになってしまいます。。

危ないものなので

「酢酸」

というものに変えます。

肝臓で

アルコール

アセトアルデヒド

酢酸

に変えます!

酢酸はさらに

「アセチルCoA」

という

エネルギーをつくる元に変えられ

筋肉などにいきます。

筋肉にいくと

これをエネルギーとして利用します!

アルコールしか飲まない人は

アルコールからエネルギーをつくっています!

脂肪になる

次は脂肪になる場合。

先ほどのアセチルCoAですが

アルコールだけじゃなく

ブドウ糖からもつくられ

脂肪からもつくれます。

アルコール→アセチルCoA

ブドウ糖→アセチルCoA

脂肪→アセチルCoA

みたいな感じです。

アセチルCoAはエネルギーのもとなので

エネルギーが必要なエネルギーに変えるんですが…

お酒を飲むときって

そんな動かないですよね笑

そのためエネルギーをつくる必要がないので

アセチルCoAが余ります。

あまったアセチルCoAは

「脂肪」

として保存されます!

これがアルコールで太る理由です!

まとめ

ここまでを総括すると

①糖質オフやプリン体ゼロでも、アルコール自体が脂肪を合成する!

②アルコールからはエネルギーの元が作られる!

③お酒の席ではおつまみも食べるし、そもそも運動しないのでエネルギーの元が使われずに脂肪に変換される!

となります!

それでは今回はここまで。

また次回のコラムでお会いしましょう(^^

最後までご覧頂きありがとうございます。

パーソナルジムD-HEARTS武蔵小杉店では完全個室の安全空間でトレーニングを行うことが可能です。

まずは無料体験にてご相談ください。

【経歴】

24時間フィットネスクラブマネージャー

パーソナルトレーニングジム勤務

【資格】

D-HEARTSトレーナースクール卒業

D-HEARTS公認パーソナルトレーナー

【実績】

2019 NPCJ メンズアスリートモデル 入賞

タイトルとURLをコピーしました