スーパー大麦とは?食物繊維の大切さ

Training Column

 食事・栄養
2021-05-05 06:55:19

スーパー大麦とは?食物繊維の大切さ

こんにちは。

千葉・柏・新宿にて完全個室のパーソナルトレーニングジムD-HEARTSトレーナーの直哉です。

本日はスーパー大麦と食物繊維の大切さについてお伝えしていきたいと思います。

スーパー大麦とは?食物繊維の大切さ

1.スーパー大麦バーリーマックス

スーパー大麦は一般大麦と比べ、2倍の総食物繊維、4倍のレジスタントスターチを含んでいます。 このレジスタントスターチはでん粉でありながら消化されにくく、水分を吸収して膨らむ不溶性の成分で、腸の奥まで届いて善玉菌のエサになるという優れた特性をもっています。

食物繊維が多くとても身体に良いです。

その中でも3つの栄養価についてお伝えさせて頂きます。

①レジスタントスターチ

β-グルタン

③フルクタン

2.レジスタントスターチ

スーパー大麦は普通の大麦に比べて4倍のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)を含みます。

大腸の奥まで届く食物繊維です。

3.β-グルカン(水溶性食物繊維)

糖質の吸収を抑えることがあげられます。

β-グルカンは、水に溶けると水分を吸収して

ゼリー状に固まる性質があるため、食べ物を包み込んで、消化管をゆっくり通ります。

そのため食べ物の吸収スピードを緩め、

血糖値の上昇を抑える作用が期待されます。

4.フルクタン

体内で消化されにくい食物繊維の一種です。

消化されずに腸に届き、乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌のエサとして働き、腸内環境を整えてくれる。

腸内環境を整えてお通じを良くしたり腹持ちがいいから空腹感がそんなになく、ダイエットや健康体にいい。

5.水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含む

水溶性食物繊維とは、水分保持能力が強く、ドロドロと粘りのある状態にします。

小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせます。また、有害物質を吸着して体外へ運びます。

《多く含まれる食品》

海藻類、オクラ、アボカド、こんにゃく、やまいも、ごぼう、納豆、プルーンなど。

《水溶性食物繊維の主な働き》

①腸内の環境を整える

②コレステロールや中性脂肪の値を下げる

③急激に血糖値が上がるのを防ぐ

④血圧が上がるのを防ぐ

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維です。

腸内で水分を吸いながら膨らみ長の活動を活発さ

せます。

《多く含まれる食品》

野菜類、穀類、豆類、イモ類、きのこ類、果実類など。

《不溶性食物繊維の働き》

①便秘の予防

②大腸を刺激して便の排泄を促進

③水分を吸収

どちらの食物繊維も摂取する必要性があります。

スーパー大麦には両方が含まれているのでとても身体にも良くGI値も低いためおすすめとなります。

6.最後に

普段から食物繊維を取れていない方は世の中に沢山居ると思います。白米を玄米に変えたり、野菜類を取り入れるようにしたり工夫されている人もいるはずです。

様々なものに試して便通が改善されなかったり、空腹感が続いてしまったりする方に是非一度試して頂きたいものとなります。

今では便利なネットを使えば佐藤のご飯のスーパー大麦も手に入れることが出来ます。

是非気になる方は試してみてくださいませ。

D-HEARTSでは完全個室の安心安全の空間きて、パーソナルトレーニング無料体験を千葉、柏、新宿の直営店および各FC店で実施しております。悩みを1人で抱え込まず、まずはD-HEARTSにご相談下さい。スタッフ一同お待ちしております。