東京都(新宿)・千葉県(千葉・柏)の
パーソナルトレーニングジムはD-HEARTS

トレーニング頻度について

トレーニング頻度について

こんにちは。
パーソナルトレーニングジム
D-HEARTSの嶋田です。

本日はトレーニング頻度についてです。

トレーニングを始めるにおいてどれくらいの頻度がベストなのか設定が難しいですよね。

筋肉痛との関わりも触れながら書いていきます。

筋肉痛の仕組み

筋肉痛とは、筋肉に負荷をかけた際に筋繊維が傷つき、修復する時に炎症が起こり、痛みが生じることです。

筋肉痛の状態でトレーニングしていい?

継続してトレーニングをしたい方にとっては筋肉痛が緩和されるまで休息をとるのはちょっと、という方も少なくないですよね。
筋肉痛は一般的に48時間?72時間(個人差があります。)の休息をとることにより、緩和されていきます。
休息も大事なトレーニングの1つなのです。

部位を分けて行う方法

一度に全身のトレーニングを行った場合全身に筋肉痛がある状態では、鍛えられる部位が限られてしまいます。

カラダを上半身・下半身と大きく2つに分ける事により筋肉痛の部位を避けながら効率よくトレーニングを行う事ができます。

適切な頻度

上記でも述べましたように、分割法を用いる事を前提に、頻度を設定していきます。
まずは上半身・下半身の週2回をベースにし、更に余裕ができたら、上半身・下半身をそれぞれ、より細かく分割していくと毎日効率よくトレーニングを行う事ができます。

最初から完璧にこなせる人はいません。
継続し、習慣化にする事により少しずつカラダに変化が表れます。
ご自身のペースで構いませんのでフィットネス・トレーニングをライフスタイルの1つとして組み込んでいきましょう!

この記事を書いた人
嶋田広大トレーナー
嶋田広大トレーナー