東京都(新宿)・千葉県(千葉・柏)の
パーソナルトレーニングジムはD-HEARTS

ストレッチの重要性

ストレッチの重要性

こんにちは、D-HEARTSトレーナーの嶋田です!

突然ですが、運動中の怪我は避けたいですよね。
そのために運動の前後にストレッチを行う人も多いことでしょう。
しかし、そのストレッチもただ行うだけではダメです。
正しい方法ではないやり方で行うと、効果が出ないだけでなく、怪我に繋がったり、パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

本日は、知ってるようで知らないストレッチについて詳しく解説していきます!

ストレッチの種類

ストレッチは大きく3つに分けることができます。

スタティックストレッチ(静的ストレッチ)

反動や弾みをつけず、同じ姿勢をキープし、じっくり筋肉を伸ばす方法。
筋肉へかかる負担が少ないため、安全に柔軟性を高めることができます。
一般的にストレッチと聞いて、皆さまが行うストレッチはこのスタティックストレッチです。

ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)

カラダを動かしながら筋肉を伸ばしていく方法。
体幹を支点にして、あらゆる動作で動かしながら、カラダの血液循環から筋肉の温度を高め、神経から筋への伝達速度と柔軟性を高めていく方法でウォーミングアップに効果的です。

バリスティックストレッチ(弾道的ストレッチ)

反動をつけて行う方法。
カラダを充分に温めた状態で行い、手足に弾みをつけ、振り子のように反動を使って動かします。
最初は小さい動きから徐々に大きく、最大可動域を高めるように行います。
ラジオ体操の動作の一部がこのバリスティックストレッチにあたります。

これらを踏まえて、シーンにあったストレッチを選ぶことが重要です。

運動前

カラダを大きく使いながら、勢いよく動かすことを動的柔軟性と言います。
スタティックストレッチを行うことで柔軟性は高まりますが、筋力との関係により、動的柔軟性は低下し、パフォーマンスダウンに繋がることが多いと言われています。
それを踏まえて怪我防止・パフォーマンスアップにフォーカスするのならば、ダイナミックストレッチが効果的です。

運動後

運動後は筋肉に疲労がたまっており、回復させる必要があります。
短時間で伸ばすのは疲労回復には効果的ではないため、呼吸をしっかりと意識しながら
20秒~30秒程ゆっくり筋肉を伸ばすスタティックストレッチが適しています。

ストレッチは怪我防止・パフォーマンスアップ・柔軟性向上による姿勢改善のほか、心身ともにリラックスさせる効果があります。

D-HEARTSではパーソナルストレッチも行なっています。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人
嶋田広大トレーナー
嶋田広大トレーナー