東京都(新宿)・千葉県(千葉・柏)の
パーソナルトレーニングジムはD-HEARTS

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは?

こんにちは!
D-HEARTS柏店トレーナーの嶋田です!

最近よく耳にする「加圧トレーニング」
今回は加圧トレーニングについて、詳しく解説していきます。

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは、適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法です。
専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧をかけながら、目的にあったトレーニングや運動を行います。

ウエイトトレーニングとの違い・効果は?

加圧トレーニングの最大の特徴は、極めて軽い負荷、短時間で効果を発揮することです。
1回の加圧トレーニングは10〜20分程度の時間で、かつ短期間で効果が表れます。
血流を制限することで、筋肉を素早く低酸素化させることができ、低酸素化すると、日常では使われにくい、多くの筋繊維を効率よく刺激することができます。
また、血流の改善が期待できます。
心臓から血を送り届ける動脈と、心臓へ血を送り返す静脈があり、加圧トレーニングでは、静脈側をやや強く制限することで腕または脚に一時的に血流が滞留し、血液は次に流れる場所を探します。これが毛細血管の拡張へと繋がり、血流が促進されます。

こんな人にオススメ

①多忙で時間がない方

上肢制限のトレーニングが10分、下肢制限のトレーニングが15分。合計25分だトレーニング効果を獲得できると言われています。
最大の理由として、血液の制限から起こる筋肉内の低酸素化による速筋繊維の強化と静脈側を強く制限することで、血中の乳酸濃度が上昇し、成長ホルモン・アナボリックホルモン・アドレナリンの分泌が盛んになります。

②体力に自信がない方

対象者が広いです。高重量・高回数の運動を必要としないため、通常のウエイトトレーニングなどを実施する際に、フォームの安定が難しい方・筋力がない方・動作に制限がある方などの幅広い層にもトレーニングが可能です。

以上加圧トレーニングについての解説でした。最後までお読み頂きありがとうございました。
トレーニングにも多くの種類があり、メリット・デメリットがそれぞれあります。
シーンによって使い分けることで、マンネリ防止にも効果的です。

ぜひD-HEARTSで理想の身体を目指しませんか?
体験レッスンのお問い合わせトレーナー一同お待ちしております!

この記事を書いた人
嶋田広大トレーナー
嶋田広大トレーナー